ブログ

鳥取県

鳥取県に行ってきました。

曹洞宗鳥取県宗務所婦人部様に、お声掛けいただきました。

90分のお時間の中で、お別れのお手伝いの現場から、様々にお伝えしました。最初は張り詰めた空気感がありましたが、講演終了後には皆さまに、大きな拍手で送っていただきました。

私は師を持っておりません。亡くなられた方を中心として、現場で皆さんに育ててもらって、全くの独学でやらせてもらって来たことで、目指すものもゴールも、持っていません。最初はとても孤独だったけれど、今は、多くの方に支えていただいています。

その中で学んだことは、一件一件の現場で求められることがみんな違うから、私自身のゴールなんて、ある訳がないのだと知ったことでした。

やり切ったという感覚は全くなく、もっと気が付くべきことがあったのではないかと、今も毎回の現場で振り返ります。でもそれが、人に会って、色々なことを一緒にさせてもらって、目の前の皆さんが大切な存在になるから、起こる心情なのだということも、知りました。

現場に居て、いつも思うことがあります。自分たちの活躍を主張しない、本当のすごい人たちが居て、一人ひとりの悲しみを支えてくれていること。私の存在を知ってもらうことよりも、その方々のことも知ってもらえることは、現場の人間として嬉しいことです。

演題に合わせて、そのような内容でお話しを進めさせていただきました。

実はお寺さん、お寺さんの奥さまの皆さまに向けての講演も、本当にいつも緊張します。お寺さんは、日本語を正確に使うプロであるのは言うまでもないことですが、言葉、所作、表現、その他にも沢山の訓練、修行をされているので、色々とお話しをさせていただく中で、実はとても勉強になることが多くあります。

難しい内容を、噛み砕いて分かりやすく説明される方に出逢うと、すごいなぁと、感激します。

ご用意いただいた控え室でも、ずーっと奥さま方々とお話しをさせていただいて、今回も深い深い時間となりました。

鳥取県のお天気は、晴れ。気温は25℃。海からの風が心地良く、過ごしやすいのにも関わらず、二泊した最後の日に、泊まった部屋の冷房が強になっていたことに気が付き、通りで寒いと思ったら・・・という感じでございました。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る