ブログ

大分県全農JA葬祭担当者納棺セミナー

4日に入って5日、大分県に居ました。

九州全県を回らせていただくJA葬祭担当者納棺セミナーが、今年も始まりました。今日は、大分県に来ています。

毎年、ステップUP企画を導入しています。地域性や風習の特徴を捉えながら、今日もたくさんの担当者さん方々の質問にお答えしながら、進めていきました。

一般的に「怪奇現象」と呼ばれることなのでしょうか、お別れの時間には不思議現象が多発します。最近は、不思議現象に対して「こんなときは、どんな対応をしたら良いか」の対応項目も増えています。科学的に解明され始めたことも増えていますが、不思議だねってくらいがちょうどいい。死者と生者が、しっかりつながっていることは確かでしょうね。

仕事はきちんと!不思議現象も、きちんと!対応します。真摯な対応は、対象が誰であろうと崩さない、それがプロですもの。

セミナーは、納棺研修会ということで、様々な項目を解説しながら、進め方や特殊なコミニュケーションの活用法、色々な技術などを朝10時〜夕方4時まで行いました。

大分県は、セミナー中も雷がずっと鳴り、大雨が続いて、災害警戒情報がずっと出ていました。現在は電車も止まり、雷も鳴り続け、大雨が続いています。災害避難情報が出て、携帯の避難情報がずっと鳴っています。とりあえず、私はホテルの部屋でニュースを見ていました。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る