ブログ

じいちゃんの納涼話し

「納涼祭するの?」と、84歳の我が家のじいちゃんが突然聞いてきた。

「そうだよ。」と私が答えると、

じじ「むかしはさぁ、何処でもやってよなぁ。小さい頃なぁ、それが楽しみでなぁ〜。」

私「そうだよね〜。私も、色々行ったもの。怖いはなしなんだけど、なるどなぁってことを、学んだよね。」

じじ「おれも行って、話そうかな?」

私「怖いはなし、出来る?」

じじ「納涼だべぇ?要は、戒めの話だよな。あと、何となく死んだじいちゃんに会いたくなったりしてな〜。」

私「うん、そうだよ。じじは、何はなす?」

じじ「私は最近・・・、物忘れが激しい。そしてその内、生きてることすら忘れてしまうかもしれない・・・。・・・ってどう?」

私「・・・(それは、人生相談か⁉︎)。」

じじ「どう?(目がキラキラ)」

私「むかしの納涼は、そんな感じ?」

じじ「違うよ!!」

私「違うんかい!!」

じじ「怖いはなしって、何がある?」

私「三途の川の話しは、体験した人から聞いたことない?」

じじ「あるよ!80も過ぎれば、そんな話し山ほどあるよ〜!この前よぉ〜、赤い橋渡って途中で戻って来たっていうよぉ〜、ベラベラ、ベラベラ(止まらないんです。それだよ、それ!かれこれ、30分経過)。」

私「いっぱい、あるじゃん!」

じじ「はい、もう、しゃべったから終わり〜!」

私「終わりなんだ!はい、おつかれ!!」

じじ、御満悦でチロ(犬)をお供に、自室に帰ったとさ。桃太郎さんみたいだね!そしてしばらくして、北海道の浜で生まれ育ったからなのか、大好きな八代亜紀さんの舟唄を、大音量でかけながら(本人曰く、耳が遠いのでどうしても)、愛車で出掛けた、じじでした。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る