ブログ

知恵

先日、ご遺族とお話しをしていた時のこと・・・。

89歳、女性
「しかし、今の子はえらいね。こんなに花火供養に来るのだものねぇ。」

テレビで、花火大会の様子が流れていた。お年寄りにとっては、花火大会は花火供養であり、盆踊りはご先祖様をもてなす行事という常識がある。

そう、お世話をすることが当たり前の人たちにとっては、何かは誰かのためにあるという、概念がある。ステキだ。

だから私は言った。
「そうですね。」

死者を弔うという言葉も、死者の供養という言葉も、ご遺族の本心としては、ただただ亡き人を心配して神仏に委ねることなのです。

花火供養は、江戸時代に始まったとされる説が濃いとされています。

時の将軍吉宗が、飢餓やコレラや戦で大勢の人が亡くなったので、供養のために始めた花火供養。当時は、町中に出た亡霊に悩まされる人も、その亡霊を心配する人も多かったのだとか。

死者と眺められる花火は、家族にとってはステキな時間なのかもしれないと、思った私でした。

お年寄りから教えてもらう風習は、とても勉強になるんです。例えば、お盆とお彼岸の違い。

お盆は、先祖や亡き人を迎えて、おもてなしをする風習なのだそう。

でも、彼岸は違う。春と秋にある彼岸の中日に、ご先祖様がやって来る。彼岸は、中日を挟んで前後3日の七日間のことを指すのですが、

彼岸の中日まで、これまでの反省や感謝をし、中日にご先祖様を迎え、その後3日はこれからのことを考えて、ご先祖様に生きる道、志を伝える日なのだそうです。

そうなんだ!!

風習やしきたりは、人が生きるために人の生活から生まれ、現代まで語り継がれます。

「年寄りはね〜、体は動かなくなってきたけど、知恵はいっぱいあるんだよ〜!あと、時々、適当だけどね(笑)」

満面の笑みにノックアウトされた、私でした。

*あくまでもお年寄りが教えてくれる風習です。正式には菩提寺に聞いてくださいね。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る