ブログ

黙祷

8月6日広島に原子爆弾が落とされた日、黙祷。

8月9日長崎に原子爆弾が落とされた日、黙祷。

当時は他県からも、その原子爆弾の光が見えていたと聞きました。報道の中で被爆者の方々のお話しを拝聴をして、涙がポロポロ出てしまいました。これまで、戦争を経験された多くの方々に体験をお話ししていただいた内容を思い出して、又、涙がポロポロ。

経験したことを話すのは、実はとても勇気のいることだと思います。経験されたことを話している人を支えてくれる人が居るから、それは出来ることなんだと思います。支えている人をまた、支えている人が居るから、みんながつながれるんだと思います。私はいつも、舞台裏に居るから、それはよく知って居る。光の当たらないところに、必ず支えている人がいてくれること。人から見えていない舞台裏は、どこも、いつも、人の温もりに溢れています。

だから話せることがある。
何を経験し、
何を見て、
何を感じ、

何を思い、
何に希望を見出し、
どんな風に生きてきて、
その積み重ねで、

今の社会があるのか。

その人たちが作ってくれた今を、時代の変化に伴い、どんな風に守って行くのかと、考えた時間でした。

日本は、戦争の原子爆弾と大きな災害を歴史の中で経験し、町づくりをして来た、唯一の国と言われています。世界中がお手本にしたい国として名が上がっています。私たちがこれから、先人の志を引き継いで何が出来るのか、やっぱりそれを、考えます。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る