ブログ

お盆 2

専門技術育成コースを半年に一度、受講されているご主人が僧侶であられて、奥様とお二人でお越しになられるご夫婦が居られます。

私が今ものすごく調べて勉強中の「お地蔵さま」の掛け軸をお盆にプレゼントをしていただきまして、それが本当に見事なお地蔵さま。

「やっぱりお坊さまだから、博物館やお寺で拝まれているような、こんなに立派なお地蔵さまの掛け軸が手に入るんだなぁ〜。いやー、すごいなぁ、さすがだなぁー。絶対に、一般人じゃ手に入らない掛け軸だよなぁ。(スッと動き出しそうな、それはそれは素敵なお地蔵さま)」と、思っていました。

納棺の時間も、切っても切れないお地蔵さまの存在とお働きの奥が深すぎて、風習と信仰のどちらにも存在されていることも、調べれば調べるほど、すごいなぁ。そう思っていたから、ものすごく感動していました。

立派な掛け軸の箱を開けるとき、たまたまお茶を飲みに来られたご遺族の皆さんと一緒に開けて、掛け軸を広げて、みんなで

「わーーーーーーーー!!」って、手を合わせました。何処に掛けようかと、話し合い、

「やっぱり、不思議な現象を沢山起こしてくれる、笹原さんの部屋でしょ!」とみんなの意見が一致。(この部屋で起こることは、みんなが大事にしていることなので、あまり話をしないで欲しいと言われているので詳しく話せませんが)

と言うことで、私の書斎に決まりました。

「お盆の期間中は、お地蔵さまにいて欲しい」と、みんなの意見が一致したのでお盆期間中は、ずーっとお地蔵さまに見守っていただくことになりました。

そして、ご主人に御礼を申し上げました。そうしたら、教えていただいた内容が!

「実は仏画師でもあり、私が描きました。」

と、おっしゃられるので、私、多少混乱。「え!!」「えーーーーー!!!!!!」

どうして混乱かと言うと、小さな頃になりたかった私の夢は、仏師か宮大工か仏画師だったからです。と言うか、今でもなりたいです。でも、ものすごく緻密で高度な日本の伝統職なので、憧れのままできっと私の人生は終わるでしょう。が、今でも私は、拝む側として神社仏閣が大好きで建物の作りや、ご本尊様、本堂の中や宝物殿などのガラス張りにへばり付き、穴が開きそうなくらい一体、一点の技術と美術を見て、拝んで回るのが大好きです。

なので、嬉しい混乱と感動が一度に訪れた感じでした。

仏像や伝統建築や仏画は、師(作る人)が目の当たりにした光景や体験からの思いが込められ現れていて、今の世代から次の次の次の次の次の次のずーっと後の世代まで一本の光として遺り、人々に寄り添って下さるものです。時を超えて、今と昔の時間と思いをつなげてくれる存在だとも、思います。

先日は県外から来られたご遺族の旦那さんが「宮大工」だったことで、話しに花が咲いた時間がありました。

なかなか、普通にお会い出来ない職人さんだから、私もびっくりしたのかもしれません。

お地蔵さまは、お盆期間に訪れたご遺族の皆さんお一人おひとりに、老若男女問わず寄り添って下さいました。みんな必ず「わーーーーーーーー!!」って言った後、心を込めて手を合わせていました。

みんなで大切にします。
ありがとうございました。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る