ブログ

我が家のじいちゃん

二回連続血糖値が高かったことで、主治医に心配していただき、医師指示に従い、食生活を見直した週でした。私には時に反抗的でも(笑)、先生には、素直なじいちゃんです(笑)

じいちゃん曰く、

戦争を経験し、当時食べられなかった、飴、饅頭、アイスなどが、大大大好き。

でも、血糖値が上がったから、
私「それはそれ、これはこれだね、じいじね。」

じじ「うん、そうだね。」

甘いコーヒーと栄養ドリンクを純粋な野菜ジュースやお茶に変え、饅頭は控え、アイスも控えました。とても順調!出張前に薬局にじじの薬を取りに行った時に、「血糖値が上がって調子悪くなったら食べてね。」と、薬剤師さんにもらった、カロリー0の8粒の飴。

出張から帰って来たら、

「飴、全部食った!」と、じじ

「えー!ダメじゃーん!!(>_<)」と、私。 私「調子悪かったの?」 じじ「絶好調!」 私「うーー。」悩む私を見て、話し出すじいちゃん。 「あれ、おれ、今、何話してたっけ?」×三回=言い訳。 私「飴、美味しかった?」 じじ「うん!」 また、新たな手段を考えようと思った、私でした。ふぅ、コントロールの仕方、なんだろうなぁ〜〜。考えてみよう〜〜! じじ、悩む私を見て「先生に相談してみようか?」 私「もうちょっと色々考えて、チャレンジして、情報集めて、頑張ってみてからにしようね。次の診察までね。」 じじ「オッケー!」←あなたのことを心配しているのですよ(>_<)by私より。 以上、大人気じいちゃんシリーズ、じいちゃん速報でした。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る