ブログ

じじ、84歳

私「猫にご飯あげた?」
じじ「猫に小判!?」

耳が遠いと言うけれど、絶対わざとだな!と、思うことも多いものです。(笑)

じじ「警察からお知らせあったから、免許の更新の前に、認知症の運転のテストしてくるから!」と、意気込んで運転免許試験場に向かったじいちゃん。(高齢者用の運転テストが今、あるのを始めて知った私)

じじ「おれ、一番年上だったさ!(84歳)でも、おれ、一番成績良かったんだわぁ!」と、嬉しそうに帰って来ました。

確かに、私よりはるかに記憶力は良いし、私よりはるかに運転も上手い!ま、私と比べるのもなんだかなと思うけど、普段の生活でもけっこう頼りになるのです。

じじ「オープンしたばっかりのよ、焼肉屋に行ってみたのさ!ランチね、ランチ!(あー、毎日、じいちゃんの昼ごはん作っているのに、月に一度くらい、そんなことがあるけど文句は言わない。何故って、楽しそうに報告するから(笑))

そしたらよ、初めて会った若い夫婦が

「おじいちゃん一人なんですか?一緒に食べませんか?」って言うわけ。だから、一緒に食べて来た!

幾つなんですか?って聞くから「84歳!って答えたら、「若い!」って言われた!(んー、ビミョー?)

「糖尿病になった!」って言ったら、(何故、知らない人に発表するのかな?)

「自分もなったら教えて」って言われたから、頑張って勉強することにした〜!(え⁉︎勉強やめてたの⁉︎」

!楽しかった〜!」(はい、はい。)

焼肉は、糖尿病には・・・?(笑)

その若い夫婦さま、我が家のじいちゃんがお世話になりまして、ありがとうございました。

段差に弱いけど、早くは歩けないけど、長い時間は動けないけど、なかなかどうして!目一杯84歳をエンジョイしてるのではないでしょうか?(笑)訪問診療にお世話になってから、すごく明るくなったじいちゃんです( ˙-˙ )

そんなじいちゃん、来月に85歳になります。誕生日パーティーをされるのが嫌いなじいちゃんは、毎年、誕生日の日は家のことを何もしなくて良い「完休」が誕生日プレゼントでございます。

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る