ブログ

怖いはなし

それにしても今年は、子どもさんたちから「怖いはなし」の依頼が、多いことに驚いています。

小学生、中学校、高校、大学、看護学校。県内外の、いのちの授業の中では生徒のみなさんから「怖いはなしして下さ〜い」って希望が出たら、「はーい」ってお返事をして、

1、そうでもない怖いはなし、
2、少し怖いはなし、
3、ものすごく怖いはなし、

のどれが良い?と質問をしてみんなに決めてもらい、度々話してきた怖いはなし。

ただの怖い話では終わらせないという、怖いはなし。怖いはなしと出逢ってもらったら、ちゃんと考えて悩んで、話し合って、自分なりの結論を出して、生きていることを意識して、亡くなった人を遊び半分で怖がらないで欲しいな、そう思って大切に語って来ました。

人が悲嘆を抱えたときには、たくさんのことを悩み、考えます。自分が、大切な人が悲嘆を持ったとき、亡き大事な人を思いながら、遺された人と一緒にどんな風に考えて、どんな風に関わるとお互いに良いのか少しだけでも知ってもらえたら良いなと、思っています。

怖いはなしを聞いてくれる子たちの背景は、様々です。大切な家族を亡くした子にとっては、死者が家族と重なることも、ある。ただ怖いはなしを聞きたいと悲嘆の経験が無い子たちにとっては、怖いはなしに出てくる死者に心が掛けられるから、知り合いのような存在になって優しい気持ちになっている。これをチャンスに新たな視点から、色んなことを感じて欲しいな、そう思っています。

「そっかーーーーー!」なんて目をキラキラさせて、色々納得した意見も、多く飛び交います。

現実の死に直面するお仕事をさせていただいているから、伝えられることがきっとあるのかな。今年、怖いはなしを希望してくれる子たちは、各地の被災地の子どもさんたちがとても多いです。

怖いはなしって、優しさや思いやりをいっぱい教えてくれるんですよ。話しは、とーっても怖いけど(о´∀`о)だって、「怖いはなし」という演題な訳ですから!!

関連記事

著書のご案内

おもかげ復元師(ポプラ社)


遺族の深い悲しみを、生きていく力に変える。ボランティアで300人以上を復元した女性納棺師が綴る、生と死のドラマ。
この商品を見る
おもかげ復元師の震災絵日記(ポプラ社)


東日本大震災後、津波被害の激しかった沿岸地域で300人以上のご遺体を復元した女性納棺師が描いた絵と言葉の実際のスケッチブック。
この商品を見る
看護職・介護職が行う エンゼルケア・死化粧とグリーフケア (日総研出版)


数多くの旅立ちに立ち会った 復元納棺師が教える エンゼルケア・死化粧とグリーフケア!
この商品を見る
納棺・遺体処置実務実践資料集(綜合ユニコム)


損傷部位の処置、溺死、縊死の処置など、ケース別の対処法を詳解!
この商品を見る
新生児・小児のエンゼルケアとグリーフケア(日総研出版)



震災でたくさんの子どもを見送った復元納棺師が遺族の負担の和らげる技術を動画解説!
この商品を見る
ご遺族参加型納棺 実践DVD(綜合ユニコム)


家族とともに行うための着せ替えの手順と手技のポイントを「全体」と「視点やポイント」の編集構成で、わかりやすく見せます!
この商品を見る

カテゴリー

ページ上部へ戻る